3D画像マッピング

海底の3D画像マッピングは、生物調査、環境モニタリング、水中考古学や資源調査など、多くの分野に適用されています。しかし、陸上や宇宙とは違って、水中では光が減衰するため、写真を撮影するにはロボットを使って海底から2~3mまで近づいて撮影する必要があります。海底面との衝突の危険もあり、さらに一枚一枚の写真で見える範囲が狭いため、広い範囲の調査はとても時間が掛かります。
本研究室では、カメラや、照明、画像処理に最新の技術を応用し、8~10mの高高度から海底の3D画像マッピング装置の開発と、実海域展開とデータの自動解析手法の研究を行っています。本システムを使って、海底生物や、海底の熱水活動の広い範囲の調査を実施しています。


An example of a small section of 3d reconstruction data. The area shown is 21 x 14m and was measured in 152s during a 1hour mapping mission.

Expeditions

2014

  • NT14-11 Leg 2 Long range mapping of seafloor debris in the Tohoku region together with the Australian Centre for Field robotics AUV mapping group (ROV HyperDolphin and the R/V Natsushima), Chief Scientist: Yasuo Furushima, July 2014
  • KY14-01 Long range mapping of the Iheya North Field together with the Australian Centre for Field robotics AUV mapping group (ROV HyperDolphin and the R/V Kaiyo), Chief Scientist: Takai Ken, January 2014

2013

  • NT13-21 Long range mapping off Fukushima and Miyagi using the ROV HyperDolphin and the R/V Natushima, Chief Scientist: Yoshihiro Fujiwara, October 2013

≤2012

  • NT12-27 Long range mapping of N. Iheya vent area using the ROV HyperDolphin and the R/V Natushima, Chief Scientist: Shinsuke Kawaguchi, October 2012
  • NT12-15 Long range mapping of a Whale fall in Sagami bay using the ROV HyperDolphin and the R/V Natushima, Chief Scientist: Yoshihiro Fujiwara, June 2012
  • NT12-07 Field test of long range seaXerocks at a Kagoshima bay vent site using the ROV HyperDolphin and the R/V Natushima, Chief Scientist: Blair Thornton, March 2012

最新情報

/home/oplab/oplab/www/assets/snippets/ditto/classes/phx.pre.class.inc.php ファイルがありません。ファイルの存在を確認してください。